ana法人カードで、年間30万ANAマイルをほったらかしで貯める

目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】

ANAプレミアムクラス

anaアップグレードポイントの使い方、国内線プレミアムクラス

更新日:

国内線の飛行機に乗るときに、

前方に三列ほどある、ゆったりした座席が、嫌でも目に入りますよね。

しかも、

一般席は長蛇の列で並んでいて、ようやく後方の座席から、乗り込み始めても、

最前列から、3列目までのこのゆったりした座席は、半分ほど埋まっていて、

なにやらくつろいでいる様子です。

このana機の前方に設定されたゆったらいした座席を「プレミアムクラス」とanaでは呼んでいます。

この「プレミアムクラス」に、プレミアムポイントをたくさん貯めるときもらえる余禄(おまけ)のアップグレードポイントで、

一般席から無料で変更できるということをご存知でしたか?

今回は、そのアップグレードポイントについてご説明します。

anaアップグレードポイントの使い方、国内線プレミアムクラス

ana国内線のプレミアムクラスとは

JALは、国際線だけでなく、国内線にも、一部の路線でファーストクラスを設定しています。

それとは別に、クラスJという座席設定もありますよね。

それに対して、anaには『プレミアムクラス』という設定があります。

JALのファーストクラスと、クラスJの中間あるいは、

anaの国際線のビジネスクラスに相当する座席と言えます。

実は、国内線、の全ての路線にプレミアムクラスが設定されているわけではありません。

ざっくり言うと、大きい飛行機、羽田→福岡、羽田→千歳、羽田→那覇などの基幹路線に設定されています。

1、そのサービスの内容は、

〇まず、乗る前

空港での優先カウンターの利用、保安検査場を通過した後の、ANAラウンジの利用。

羽田空港国内線では、二つのanaラウンジがあるので、自分の搭乗口に近いラウンジが選べます。

飛行機に搭乗する際の優先搭乗です。種別「グループ2」と保安検査場でもらえるチケットに記載されます。

搭乗ゲートでは、「グループ2」という列に並ぶと、一般席に優先して搭乗できます。

〇機内では、

ゆったりした、前方のプレミアムシート。

ちょっと厚めの毛布がシートにセットされています。

搭乗すると、CAさんが、原則、挨拶にきます。

その際、欲しいオリクエストを聞いてきます。

新聞各紙、枕、ペットボトルの水あたりが、離陸前だとリクエストできます。

離陸後は、

まず、飲み物のサービスから、

一般席の飲み物に加えて、アルコール類(スパークリングワイン・ワイン・日本酒・焼酎・ハイボール・ビール各種)、

スープ、コーラ、炭酸水ペリエなどの豊富なバリエーションから選択できます。

時間帯によりますが、おおむね、食事のサービスがあります。

わりと、軽めなので、成人男子がこれを昼食で一食分というには足りないかもしれません。

そんなときは、

CAさんに、なにか、軽食はありますか?と聞くと。

スープもしくは、リゾット・雑炊などが選べるはずです。

anaプレミアムクラス軽食

写真は、コムタンリゾット(時期や便によって内容が異なります)です。

注意点は、

いくらアルコールが無料だからといって、飲みすぎないことです。

もちろん、あなたはご存知だと思いますが、高度の高い飛行中は、地上よりも酔いが回りやすいからです。

(中には、お酒の入ったミニボトルをこっそりと、鞄にしまう人も見かけます。実話)

anaアップグレードポイントのお得な使い方

さてさて、

そのアップグレードポイントについてご説明します

いわゆる、インボラと呼ばれる。航空会社の都合(一般席がオーバーブッキングで満席)による、

偶然(奇跡)のアップグレードというのは、国内線においてはほとんどないと思います。

(少なくとも私は、年間70回以上飛行機に乗っていても、一度も経験がありません)

では、どうやって無料でアップグレードされるのか?というと、

答えは、ANAマイレージのブロンズ以上の会員になると、

アップグレードポイントが年間10ポイント以上付与されます。

こんな感じです。

私は、2019年は合計44アップグレードポイントを、いただきました。

これを使って、無償アップグレードしてもらうわけなんです。

国内線、国際線ともに可能です。

さきほどの、国内線、羽田→那覇を、普通席からプレミアムクラスにアップグレードに必要なのは、

4ポイントです。

これは日本全国一律なので、羽田→千歳でも、同じなのです。

ちなみに損得だけで言うと、長距離路線で使うのが得なのです。

というのも、当日の有料で一般席からプレミアムクラスにアップグレードする場合は、

国内短距離路線と長距離路線では値段が異なります。

当日プレミアムクラスアップグレード参考料金

東京→那覇で15,000円(1プレミアムポイント3,750円相当)

東京→大阪で11,000円(1プレミアムポイント2,750円相当)

東京→岡山で8,000円(1プレミアムポイント2,000円相当)

東京→富山で6,000円(1プレミアムポイント1,500円相当)

那覇→宮古島で4,000円(1プレミアムポイント1,000円相当)

単に距離だけで金額が決まっているだけでもないようですね。

流石に、那覇→宮古島の短距離で使うのはもったいない感じですね。

しかも、飛行時間が短すぎて、食事はつきませんので。

逆に、東京→那覇路線は、そもそも通常の予約の段階でプレミアムクラスがいっぱいになることがほとんどです。

やっぱり、リゾート路線だからでしょうか、ほぼ、空席がでることはありません。

2019年秋から新シートを、大型機の777と中型機の787で採用するにあたり、

777では、プレミアムクラスを従来の21席から28席に増やすそうです。

プレミアムクラスの搭乗率が高いことが理由だそうです。

プレミアムポイントの利用実績および、プレミアムポイント利用の裏技

実は、プレミアムポイントの利用に裏技はありません。

強いて言えば、損は覚悟で、短距離路線を狙うことです。

那覇→宮古島は極端にしても、羽田→千歳などでも、時間帯によっては空きがあります。

私の体感としては、

2018年の4月から、当日購入のプレミアムクラスへのアップグレード料金が値上がりとなってから、空席が目立つようになったと思います。

もう一つ、裏技と言えるか分かりませんが、

アップグレード料金の値上げと同じく2018年の4月から

普通席からプレミアムクラスへのアップグレードについて

これまで当日空港にてプレミアムクラスに空席がある場合に限りプレミアムクラスに変更いただけましたが、

ご搭乗2日前(24時)からANA ウェブサイトやANA国内線予約・案内センターにてプレミアムクラスへの変更ができるようになります。

人気の那覇・石垣・宮古島路線のプレミアムクラスへのアップグレード狙いは、

ご搭乗2日前(24時)ちょうどで、スマホ若しくはPCから操作しましょう。

出遅れると、難しいかもしれません。

今回、那覇→東京路線を2日前に、獲得することができました。

ついでに、私の2019年のアップグレードポイントポイント利用実績を紹介します。

知人の社長に、こうした情報を提供しただけでも、喜ばれました。

というのも、以前、アップグレードポイントでプレミアムクラスにアップグレードしようとしたら、

満席でアップグレードポイントが使えなかった経験が続いたので、

もう、アップグレードポイントは使い道がないもんだと、思い込んでいたそうです。

(年度末で使わなかったアップグレードポイントは、1アップグレードポイントが1,000スカイコインに交換できます)

また、プレミアムポイントを使ってのアップグレード制度も改善され、

以前は当日しかできなかったのが、2日前からアップグレード登録ができるようになり、使い勝手がよくなりました。

ちなみに、

2019年私がアップグレードポイントを利用した路線のほとんどは、無料の特典航空券でした。

飛行機代も無料で、プレミアムクラスへのアップグレードも無料なんて、

いくら制度とはいえ、なんだか申し訳ない気もします(苦笑。

このブログの最初からお読みいただくと

ほっといても、年間20万から30万のANAマイルが貯まりますので、

出張で飛行機にのあるあなたなら、

無理せず、プラチナ会員になって、しかも、出張経費が削減できるのです。

詳しくは、以下の2つの記事実行してくださいね。

ます、はじめ、ANA法人カード

次に、ANA個人カード

そもそもアップグレードポイントとは

アップグレードポイントとは

サービスについて

1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。お客様の空の旅がさらに満ち足りたものになるよう、座席クラスのアップグレードやラウンジのご利用などに、お使いいただけます。

-ANAプレミアムクラス
-, , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】 , 2019 All Rights Reserved.