ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

ANA個人カード

ANAカード、マイルを貯めたい社長が持つ個人名義メインカードとは?

更新日:

あるとき、タイガー社長と沖縄へ一緒に旅行へいくおり、羽田空港で待ち合わせしたおり、ANAラウンジへお誘いしました。

ライオン社長
へー、なかなかいいとこじゃない。初めて入ったよ。ありがと。お金とかいいの?
ANA夫
大丈夫です。僕は、プラチナ会員なので、同行者1人は無料なんですよ。
ライオン社長
ANA夫さんさ、俺も、プラチナ会員目指そうかな!
ANA夫
タイガー社長、ANAの法人ゴールドカード作ったから、たしか、プラチナ会員にならなくても、あれで、入れるんじゃないんですかね(テキトー)

旅行から帰り、数カ月後、あるとき、タイガー社長と勉強会で再会。

 

ライオン社長
ANA夫ぉ、こらあっぁー。自分、いい加減なこと言いやがって

ビビる、私。

ANA夫
いったい、何の話ですか?
滝汗

ライオン社長
この前の、ANAラウンジに入れる法人カードの話だよ、あの後、すぐ法人のANA・JCBゴールドカードを持って、それで颯爽と、うちの奥さんと、羽田のアナのラウンジにいったんだよ。そしたら、受付で、入れなくて恥をかいただよ
ANA夫
それは、本当に申し訳ありませんでした。私の勉強不足で、ご迷惑をおかけして
ライオン社長
まあ、いいよ。結局、ANAのJCBプレミアムカードを作ったから、それで今度は入れたよ。まあ、結果オラーイだから。ANA夫さんもますます修業しなよ

基本的にタイガー社長は、とても優しく、面倒見が良い人なのです。

と、またまた、前置きが長くなりましたが。

 

個人でのメインカード一押しは、

この三井住友ANA VISAプラチナプレミアムカード

但し最初にお断りしておきますが、

年会費8万円に消費税で、8,6400円となります。

また、当然ですが、審査があります。

 

けれども、申込自体は、どなたでもホームページからできますので、

インビテーションがないと入会できないという種類のカードではありません。

これをお読みになっている、社長である、あなたでしたら大丈夫かと思います。

 

 

なぜ、おすすめするのか5大メリット

その1、

ANAの上級会員でしか入れない。国内主要空港にあるANAラウンジの入室資格が得られる

>ANA VISAプラチナ プレミアムカード会員の方は、ANAグループ便ご利用の際、ご搭乗手続きをお済みの後、

>ご搭乗時刻まで各国内空港(国内線ターミナル)内にあるANAのラウンジでおくつろ>ぎいただけます。

(以上、三井住友カード公式HPより)

この入室資格を手に入れるために、ANAプラチナ(SFC)修業といって、1年かけて用もないのに日本中飛び回っている修行僧という方が一説によると年間1万人弱いるそうです。その修業・苦行をお金で買えるのだから、まさに、タイムイズマニーです。

 

もう分かった、申し込むという方はコチラ(笑

 

では、具体的にどうやってやるのか

こちらから、

ANAのホームページに飛びますので、

(うまく出ない場合は、「マイ友プログラムに登録」で検索してみてください。

★紹介者氏名 ナカヤマ ヒロユキ
★紹介者コード 00004678

を入力して、お申込みください。

 

この手順を踏むだけで、あなたに2000マイルの特別プレゼントが付与されますので、お得です。

はい、もう少しメリットをしっかり知りたいという方は、以下もお読みいただき、ご判断ください。

その2、

年会費のもとがとれるほど、他のカードよりも余分にANAマイルが貯まる最強カード

〇ANAカードご入会時にボーナスマイルが、一年毎に継続マイルが貯まる。ざっくり、年間一万マイルです。

◆ご入会ボーナスマイル: 10,000マイル

◆ご継続ボーナスマイル: 10,000マイル

〇クレイジーカート使用で貯まった1ポイントが、15マイルに交換できる

>ワールプレゼントのポイントはANAマイレージに移行できます。

>交換レート:ワールドプレゼント1ポイント=15マイル(移行手数料無料)。

(以上、三井住友カード公式HPより)

〇ANA便ご搭乗の度に、ボーナスマイル

>ANAグループ便のご搭乗の度に、通常のフライトマイルに加え、

>区間基本マイレージの区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%を積算いたします。

意味はまだ分からなくて大丈夫です。要は飛べば飛ぶほど得するということです。

その3

その他もろもろ

〇プライオリティパスが選択できる

年間に数多く、海外旅行に行かれる方には、特におすすめ。

>世界140か国500都市1200か所以上のラウンジ・ネットワークを誇るプライオリティ・パスだから、

>世界中どこでもラウンジをご利用いただけます

〇年間300万以上利用でさらにボーナスマイル

要は、たくさん、カード決済をすればするほど、お得にマイルが貯まるシステムです。

あなたは、楽勝で、年間300万は達成すると思いますが、私の場合は、交通定期や、

保険代などコツコツ積み上げてクリアしています(苦笑。

まあ、細かいことは気にしないという方向けに、このブログは書いてお有りますが。

普通のクレジットカードについているようなサービスはもちろん、付加されています。

海外旅行保険、コンシェルジュサービス、など。

あと、楽天EDYがついてきます。これが、また、ちまちまANAマイルを貯めるのに楽しいのです。

ANA夫が3年間で、稼いだANAマイルは、じゃーん、108,780マイル

三井住友カードは1ポイントを15マイルに換算してくれます。

平均すると月4351マイル、年で52,212マイルです。

法人JCBの約年間12万と合わせるとざっくり、17万マイル、これに飛行マイルが加わりますので、2017年99,430マイル2016年70,490マイル平均すると134,675マイルです。

カード獲得マイルと、飛行マイルの総合計は、なんとおおよそ30万マイル。

そして、それが、現金同様に使える、ANAスカイコインに換算すると、1.7倍で51万コインとなります。ANAスカイコインの詳しい話はまた、説明しましょうね。

-ANA個人カード
-, ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.