ana法人カードで、年間30万ANAマイルをほったらかしで貯める

目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】

ANAマイレージクラブモバイルプラス

ANAマイレージクラブモバイルプラス加入して、楽天EdyでANAマイルを3倍稼ぐ

更新日:

 

ANAマイレージクラブ モバイルプラスについて知りたい人

「電子マネーの楽天Edyで、anaマイルを貯める方法を知りたい。ANAマイレージクラブ モバイルプラスがお得そうだけど、本当に月額利用料分の元はとれるのだろうか?
あと、Edyチャージでもマイルが貯まる、クレカもセットにして教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

 

ポイント

ANAマイレージクラブ モバイルプラスとは【3つの特典があります】

楽天Edyチャージでもマイルが貯まるクレカもセットで作るべき

 

この記事を書いている僕は、マイラー歴5年ほど。現在はanaダイヤモンド会員です。

ここ2年は、年間30万マイルほど貯まるので、年間50万円分くらいは、無料で飛行機に乗っています。

ちなみに、ANAマイレージクラブ モバイルプラスも5年ほど継続しています。

 

4、5年ほど前、ANAマイルを貯めることを意識しはじめて、まずANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入しました。

なぜかというと、電子マネー楽天Edy決済したときに、ANAマイレージクラブ モバイルプラスに入っていると、貯まるマイルが3倍になるからです。

当時は、楽天Edyが使えるコンビニやスーパーも少なかったのですが、今や電子マネーが使えるほとんどのチェーンで使えるようになりましたので、

楽天Edyで決済してマイルが貯めやすい環境になりました。。

というわけで今回は「ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入して、anaマイルをお得に貯める方法」について解説します。

 

もっとanaマイルを貯めたいけど、、、果たして本当にこの方向性で合ってるのかな、と不安な方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

※記事は3分くらいで読み終わります。深掘りした解説とかは、関連記事を貼っておきました。

 

 

 

 

 

 

ANAマイレージクラブ モバイルプラスとは【3つのメリットがあります】

次の3点です。

 

その①:Edyご利用で3倍マイル特典

その②:一般発売より早く、「特典航空券」「ANA SUPER VALUE」(以前の「旅割」「特割」)の予約・購入が可能です。

その③:マイルをANA SKY コインに、おトクなレートで交換できます。

 

上記のとおり。

 

なお、その①に関しては、3倍なのでいったいどれくらいanaマイルが稼げるのか?

というのが気になるかもしれないですが、

ハッキリ言っておきますが、そんなには稼げないです。

要するに月額300円(税別)以上元が取れれば良い訳なので、そこにフォーカスして解説します。

 

その①:Edyご利用で3倍マイル特典

3倍マイル特典が使いこなせるかが、最重要ですね。

これがなければ、ANAマイレージクラブ モバイルプラスに入る価値がありません。

1日に、500円以上、電子マネーで買い物する人は、加入がおすすめです。

 

具体的には、

上記のスクリーンショットのように、

通常、Edyを使って支払うと200円=1マイルに加えて、

200円=2マイル、「AMCモバイルプラスEDYマイル」という特典分が

加算されます。

 

ということは、

3÷200=0.015

1.5%のマイル還元率といえます。

 

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入していないと、

0,5%のマイル還元率なので、その差1%。

なので、一カ月32,400円以上、Edyで決済すると、得する感じですね。

 

ただ、ana1マイルの価値は、だいたい2円くらいはあるので、

一カ月16,000円くらいの決済でも十分ペイすると思います。

1日に直すと500円ちょいなので、十分越えられそうなハードルですよね。

 

貯めたマイルのお得な使い道はこちらで解説しています。

anaマイルの使い道、いちばんお得なのは?anaスカイコインとか

 

また、石垣島・宮古島の人気の離島路線の特典航空券が取りやすい裏技はこちらで解説しているので、貯めたマイルのお得な使い道でご覧ください。

人気の石垣島・宮古島、ANA特典航空券の裏技

 

その②:一般発売より早く、「特典航空券」「ANA SUPER VALUE」(以前の「旅割」「特割」)の予約・購入が可能です。

 

飛行機を安く買いたい人は、anaの年間販売スケジュールをチェックしましょう。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/guide/sale_info/pre/

 

「ANA SUPER VALUE」「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE PREMIUM28」「ANA VALUE PREMIUM3」は、一般発売より2日前(AMC会員より1日前)に予約・購入できます。

 

 

ANA株主優待券を上手に使いたい方向け。

ANA株主優待券を上手いこと使って、貯めたマイルで出張に行き経費を削減する!

 

Edyを普段使いするのに大切なことは

 

電子マネー決済が使えるとき、反射的に、Edyが使えるかを考えるべき。

その時、残高不足がないように、オートチャージ設定にしておく。

例えばですが、私の場合、25,0000円の残高を切ったら、20,000円チャージするという設定にしています。

 

 

あとは一見くだらないようなことですが、

一Edyスクラッチという、簡単なくじがあるので、

毎日遊び半分に触って、Edyアプリを開くのを習慣化することや、anaマイレージアプリで、マイル残高をチェックするのもありかと思います。

まあ、一生懸命マイルを貯めていることを忘れないということが、案外重要です。

 

その③:マイルをANA SKY コインに、おトクなレートで交換できます。

前提条件として、4万マイルを貯めて、まとめてANA SKY コインに交換することが必須です。

ANAマイレージクラブ モバイルプラス会員なら4万マイルで、最大の1.5倍の専用レートで交換できるからです。

なお、上級ステータス「プラチナ」「ダイヤモンド」獲得のためには「ANA SKY コイン」が重要になります。

 

Ana航空券を「ANA SKY コイン」で購入する方法

通常1マイルを1コインに交換できますが、ANAマイレージクラブ モバイルプラス会員なら最大1.5倍の専用レートで交換できます!

 

 

楽天Edyチャージでもマイルが貯まるクレカもセットで作るべき

Edy利用でマイルを貯めつつ、Edyチャージでもマイルを稼ぎましょう。

 

ANA JCBワイドゴールドカードがおすすめです。

 

年会費(税込) 本会員15,120円

この値段を聞くと、「え? そんなするの? 高いじゃん…。」って思うかもですが、そのくらいの投資をして拐取する覚悟が必要です。

 

プラチナ会員になると多くの人が、SFCカードを作ります。

その前段階として、ゴールドカードを作っておくということです。

ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード切り替え時に、審査なく作れます。

 

とは言え、15,120円はやっぱり高いという方に、

毎年2,000マイルもらえます。1マイル2円換算で4,000円。

JCBの通常ゴールドカードでも年会費10,800円なので、それほど違わないと思います。

さらに、搭乗ボーナスマイル 25%アップというのが地味にあります。

 

しかも、初回限定ですが、「マイ友プログラム」からの紹介キャンペーンを活用すると、

あなたに2000マイルの特別プレゼントが付与されますので、お得です。

「マイ友プログラム」→カード会社登録、という順番が大切です。

 

では、具体的にどうやってやるのか

 

こちらから、

https://cam.ana.co.jp/psz/amcj/jsp/renew/anaCardIntro/anaCardRegist1.jsp

 

ANAのホームページに飛びますので、

 

(うまく出ない場合は、「マイ友プログラムに登録」で検索してみてください。

 

★紹介者氏名 ナカヤマ ヒロユキ

★紹介者コード 00004678

 

を入力して、お申込みください。

その後、JCBのサイトから申し込みます。

 

ANAJCBカード

 

そもそも、ANA JCBワイドゴールドカードはマイルが貯まりやすいです。

というのは、カード利用1,000円で獲得できる1ポイントが、ana10マイルに交換できるからです。

これは、マイル還元率1%です。

 

JCBの試算によると、日常の支払いをANA JCBカードで「カード払い」にすることで、獲得ボーナスマイルは年間で32,160マイル相当になるとのこと。

実は、この試算というのがすごく大事。

 

結果を出す人は、試算している、つまりレポートを作っている

ANA SFC修行を達成する人に、共通していえることはエクセルでシュミレーションと着地予想をしているということです。

1年間365日という限られた期間で、5万プレミアムポイントを達成するためには、

計画通りにいかないときの修正、SFC修行の予算管理がとても大事なのでレポートを簡単で良いので作りましょう。

こちらの記事で、僕が使っているレポートを公開しています。

 

といっても、、、そもそもマイルと、プレミアムポイントの違いが分からないという方は、

こちらを熟読してください。

anaプレミアムポイントとanaマイルの違い?

 

とても簡素なものでかまいませんが、年間獲得マイルの試算をしてください。

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入して、楽天Edyで稼げる予想マイルと、

上記のANA JCBカードで「カード払い」にすることで、獲得ボーナスマイルは年間で32,160マイル相当が、

平均的な家庭の年間獲得マイルの上限だと思います。

あとは、これに、出張が多い人の場合に、フライトマイルが加算される感じですね。

 

ちょっと、これでは、目標に足りないな、ということは、

ポイントサイト活動、略して「ポイ活」にも目をむけてみてはいかがでしょうか。

注目しているのは、下記の3つくらいでして、とりあえず登録だけは無料なのでリスクがありません。

 

ハピタス

Gポイント

ポイントインカム

 

個人的に大切だと思うのが「手軽さ」でして、その点ポイントインカムの、「インカムツールバー」は使う頻度が高いですね。

 

 

まとめ:anaマイルを稼ぎたいなら、ANAマイレージクラブ モバイルプラスの加入をおすすめ

 

記事のポイントをまとめます。

 

ANAマイレージクラブ モバイルプラスのメリットは3つあります。

  • Edyご利用で3倍マイル特典、②一般発売より早く、「特典航空券」「ANA SUPER VALUE」(以前の「旅割」「特割」)の予約・購入が可能、
  • マイルをANA SKY コインに、おトクなレートで交換できる

Edy利用でマイルを稼ぎつつ、ANA JCBワイドゴールドカードも作るべき

レポートも作るのもオススメで、レポートがあるとマイルを貯めるのが効率化する

 

それでも試算で目標マイルが足りない場合には、

「ポイントサイトを活用する!」

 

この順番が大切です。

というのも、世の中、というか、陸マイラーブログでは、ポイ活が全盛です。

まあ、否定はしませんが、不必要にクレジットカードを作りまくって、

自分の信用情報にプラスとは言えない履歴をせっせと作るのは、どうかと思います。

 

地道なマイルを貯める基本設計をしっかりしたうえで、

ポイ活を、プラスアルファで活用するぐらいがちょうどよい。

その方が、いろいろな状況変化があったとしても、無理なく継続可能でしょう。

 

というわけで今回は以上です。

 

最重要は「ベイビーステップを始めること」だと思います。

月1回くらいは情報収集という時間を作ってみてください。

 

ポイントサイトでもanaマイルが貯めたい人には、こちらの記事も。

法人でポイントサイトを使ってマイルが貯まるおすすめポイントサイト

-ANAマイレージクラブモバイルプラス
-, , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】 , 2019 All Rights Reserved.