ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

ANAマイレージクラブモバイルプラス

ANAマイレージクラブモバイルプラス加入したら、楽天EdyでANAマイルを3倍稼ぐ

更新日:

ANA夫
タイガー社長は、電子マネーは何か使ってますか?
ライオン社長
ANA夫さんねえ、おれは宵越しの金は持たねえ主義で、つまりあれよ、現金主義なんだな
ライオン社長
なんで、聞く?

お財布忘れても、スマホさえばれば、困らない世の中にありましたね。
首都圏で、電車通勤している方は、スイカを、モバイルスイカを電子マネーで使っている人が多いという統計を読んだ記憶があります。

ANA夫は、ANAマイルが貯まる楽天Edyをメインに使っています。
若干、IDの方が、還元率は良いのですが、あとで紹介しますが、コツコツ感が楽天Edyでは得られて楽しいので、最近はこれをメインにしています。

使い方、
ニタ夫は、スマホがアンドロイドなので、おサイフケータイの楽天Edyアプリが入ってます。以前、iPhoneを使っていた頃は、アプリで楽天Edyがなかったので、三井住友VISAカードの楽天Edyを使っていました。

これは、PCにUSBでカードを繋ぎながら、チャージしていたので、ちょっと面倒でしたが、今は、オートチャージができています。
最近のiPhoneはどうでしょうか?

まずは、楽天Edyのアプリで「ポイントの選択」から「ANAマイレージクラブ」を選びます。実際には、その先で、お客様番号の登録が必要になると思います。

それによって、
原則として、
『Edyを使って支払うと200円=1マイルが貯まる』
ます。
1÷200円で、これをマイル還元率、0.5%と表現します。
あまり、良い方でないですね。
目標は1%、最大で1.5%あたりです。
(ANA特約店で、プラスアルファの還元率になるお店もあります、割愛)

さて、ポイントはここからです。

〇『ANAマイレージクラブモバイルプラス』

1、3倍のマイルを獲得できる
2、マイルからANAスカイコインへの変換レートが良くなる
3、クレジットカードから楽天Edyにチャージする際にも、マイルが貯まる

 

ANAマイレージクラブでは、
『ANAマイレージクラブモバイルプラス』
月額324円という付加サービスがあります。

1、3倍のマイルを獲得できる
契約すると、携帯会社から毎月課金されたはずです。
『通常、Edyを使って支払うと200円=1マイルが、
200円=3マイルが貯まる』
ということは、3倍のマイルを獲得できます。

かなりお得ですね、還元率1.5%になりました。
でも、忘れていけないのは月額324円払ってましたよね。
だから、ざっくり18000円以上、楽天Edy決済する人は勝ちです。

これは、10日単位で、ANAマイレージアプリから、マイル加算が確認できますので、
10日で6千円。たまっていると良いでしょうかね。

2、マイルからANAスカイコインへの変換レートが良くなる

これは、あとで、換算表を作ってのせますね。
「ANAスカイコイン交換レートアップ(最大1.5倍)」となります。
ANA上級会員の資格か、ANAのプレミアムカードを持っていると、ほぼ同じか、それ以上の交換レートアップの恩恵が受けれますが。その対象でない方には、マイルからスカイコインを変換するときに、メリット大です。ただし、一度に5万マイルを変換するのが条件です。

3、クレジットカードから楽天Edyにチャージする際にも、マイルが貯まる

まあ、たった0.5%では、ありますが、ゆったら、両替みたいなのもなに、それでマイルが付加されるのは不思議な感じですよね。
対象となるのは、ANAの三井住友VISAカードプラチナカード、JCBプラチナカードあたりだと思います。ちょっと自信はありませんが、全部足すと還元率は、2%となりますね。
ただし、どちらも年会費が高いので、あんまり、細かい計算しても関係ないレベルです。

繰り返しになりますが、コツコツ貯めて、10日に一回確認できるのが楽しい人にはぜひお薦めです。

『ANAマイレージクラブモバイルプラス』

の加入はこちらから。

まだ、ANAの三井住友VISAカードプラチナカード、JCBプラチナカードをお持ちでなく、作りたいという方は、

こちらの記事から。

久しぶりのマニアックな記事になりました。

-ANAマイレージクラブモバイルプラス
-, ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.