ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

ANAマイレージ

人気の石垣島・宮古島、ANA特典航空券の裏技

投稿日:

人気の石垣島・宮古島、ANA特典航空券の裏技。2018年現在2万マイルで沖縄本島と離島の2箇所が楽しめる。

しかもチケットが取りやすい!

 

もう、そろそろ、シーズンオフだから取れるかな?

と思って、

羽田→宮古島の特典航空券を探すと、

まだまだ、なかなかないですねー。

 

あっても、往路と復路が1週間離れていたりとか、

こんな旅程組めないですよね。

12月〜1月は、飛行機乗っても、流石にガラガラなんですけどね。

 

 

そこで、

何も、直行便でなくても、行けたらいいだよね、行けたら。

と思って、

探してみたら。

 

『例外: 沖縄離島路線』

というのが、あったんですよね。

 

普通のANA国内線特典航空券は

>ANA便名の日本国内線全路線の任意の片道(1区間)または2区間

となっています。

 

しかーし

 

『例4: 連続しない2区間東京-大阪、東京-大阪例外: 沖縄離島路線

沖縄(那覇)での乗り継ぎにて離島路線(那覇-宮古・石垣)ご利用の旅程のみ、離島路線の往復便を含めた4区間がご利用できます。』

となってます。

 

つまり、

羽田→那覇→石垣島

石垣島→那覇→羽田

という4区間を1セットで、現時点では2万マイル

しかも、

フライトの日付をずらすことも可能なので、

これでいくと、旅の目的地を那覇(沖縄本島)と石垣島の2箇所楽しむことができる。

そして、そもそも石垣・宮古島の直行便がとりにくい訳なんですが、

羽田→那覇はかなりの便数が飛んでいます。

また、那覇→離島も、そこそこ便数があるので、予約は取れます。

唯一のデメリットは、

復路なのか、観光せずに、経由便となった場合、

直行便より、1時間半くらいですか、余計に時間がかかることですかね。

 

 

まとめ

 

人気の石垣島・宮古島、ANA特典航空券、直行便が取れない場合は、

ANAマイレージ特典交換の『例外: 沖縄離島路線』規定で、

出発地から那覇経由便で、離島へ行く。

そうすれば、沖縄本島で国際通り、美ら海水族館を楽しみ、

プラス、メインの離島のリゾートで遊ぶことが出来て、

必要なマイルは同じという、一挙両得!

 

ANA2万マイルを稼ぐのに、おすすめのポイントサイトはこちらから。

-ANAマイレージ
-, , , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.