ana法人カードで、年間30万ANAマイルをほったらかしで貯める

目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】

ポイントサイト ANAマイレージ

マイル・ステータス修業を、やってはいけない「飛び恥」だから

更新日:

「飛び恥」とは、耳慣れないことばですが、

16歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが流行らせた言葉です。

これは、大量の二酸化炭素(CO2)を排出する飛行機には乗るべきではないという主張です。

 

日本では、ここ数年、マイル・ステータス修業がちょっとしたブームになっています。

ana・JALの上級会員になるために、一定の基準である、飛行回数や、フライトによって貯まるポイントを達成するために、

年間たくさんのフライトに乗ることになります。

そもそも旅行の手段という飛行機の移動が、本末転倒して目的となることで、空港から一歩も出ずに、

とんぼ返りすることがまるで苦行のようであり、修業とか、修行僧といわれる所以です。

 

これまでは、自虐的なお笑いで「修業」なんて言っていたのが、グローバル的にはそれでは済まなくなっていきます。

2019年12月2日付の、日経新聞の6面の記事では、『「飛び恥」は地球を救えるか』という題した記事があります。

 

『英有力大学のインペリアル・カレッジ・ロンドンは、最近、英政府に対して、「50年までに温暖化ガスの排出量を

実質ゼロにする」という目標を本気で実現するつもりなら、航空会社の展開するマイレージサービスを禁止しては

どうか、と提案した。「マイルをためて、航空会社から特別な待遇を受けたいがために、乗らなくてもいい飛行機に

乗る人がいる」と懸念しているのだ。』

 

という、記事です。このあと、流石に、行き過ぎと本文には書いてありますが、

僕は、個人的には、10年たったら、意外とそっちの方向に行っている可能性が高いと思います。

そうでないとしたら、電動飛行機(E飛行機)の開発が進んで実現化してたりする状況です。

である、プラチナ会員を目指すことが

 

ですから、

上級会員を取得するために、飛行機に乗るのは、エコじゃないということを頭の片隅に置いておくべきです。

さらに、個人的に、マイル・ステータス修業をすべきでないと思う理由がいくつかあります。

 

1、年間一人で飛行機に乗っている時間があったら、家族や大切な人と時間を過ごした方が楽しくないですか?

2018年、私は25回目のフライトで、5万プレミアムポイントをクリアして、プラチナステータスに達しています。

5月5日の那覇→羽田便です。

(ちなみに、57回目の9月4日同じく那覇→羽田便で10万、ダイヤモンドステークスに達しています)

ですから、比較的長距離路線に搭乗する私でも25回かかっていて、場所によっては宿泊も必要となるので、

普通に考えると14日は最低でも拘束されるわけですよね。

もちろん、修業に家族やパートナーに一緒に行くという人はよいのですが、あまり多いとは思えません。

冷静に、始めてしまうと勢いと強引さが良くも悪くもでてしまうのが人間です。2019年ANAマイレージ修業を始める前に

関係が悪化しないか検討してみてください。くれぐれも、家族のためという言い訳はなしで。

 

2.国の施策だって時とともに変わるのに、いち民間航空会であるANAさんがSFCカードホルダーは、

 

未来永劫、ANAラウンジを使えるなんてことは、あり得るのかな?

よくマイル修業を勧めて煽っている人が、一回投資すれば、一生ラウンジがカードの年会費だけで使えてお得なんて、

言っている人がいます、本当なんですかね?

国のやっていることだってころころ変わるのに、企業だって破綻してりしますしね。

それと、ANAラウンジが劇的に込み始めているというのも聞きます。下手をしたら、家族で入って団体では固まって座れないそうです。

何らかの制限が入ったりするかもしれませんし、その場合SFCホルダーが割を食うかもしれません

 

3.修業費用が50万というのは、高くないですか?

 そのお金、ANAマイルをもっと有効に使いませんか?

 

お金の価値は人それぞれなので、金額ベースで一概に、他人がごうこういえません。

ましてや、陸マイラー活動など、もはや円ベースの現金だけの話ではなく、ポイントサイトのポイントだったり、

カード会社のポイントだったりをマイルに交換できたりするわけなんで。

ただ、他の使い道考えました?

もちろん、鉄っちゃん、乗り鉄、みたいな純粋に飛行機好きには、関係ない話ですけど。

上ともかぶりますが、SFCホルダーが急速に増えています。もはや、優先搭乗のはずが、その優先列が大行列なんて、

笑えない話になっているのが現状です。

 

4.そもそも、年間に何回、飛行機に乗るのですか?

 

まあ、これ行ってしまうと、身も蓋もないですが。

なんとなく、予想できる範囲の回数を、50万で割ってみるとよいです。

あと、路線や行く場所。飛行場によってはANAラウンジがありませんし、

場所によっては、そもそもANA便がなかったりります。

もっというと、LCCも使うよ、ってことだと、さらに意味が薄れます。

SFCカード持っていて、ANA便に搭乗する場合にしか、当然、ラウンジは使えませんので。

 

5.社長のあなたなら、プレミアムクラス・ビジネスクラスに乗れば良いだけ!

 

というのは、ANAのラウンジは、有料でお金を払っても入れますし(ANAプレミアムカードは無料)、

国内プレミアムクラス、海外はプレミアムエコノミー、ビジネスクラスで入れます。

なんなら、こっちのチケットを買えば、十分かもしれません。

まあ、経費でチケットを自分で選べる社長はこちらでしょう。

結論、社長が飛行機にのった結果、プラチナ会員になり、SFCカードを取得するのはOK,もちろん。

でも、わざわざ時間とお金を無駄にして、SFC修業をする必要はない。

 

でも、SFC修業の一環として、陸マイル活動で、ANAマイルが貯まるようになることはハッピーかも、だって家族だって嬉しい。

 

だから、ポイントサイト!

今日のお薦めは、

 

げん玉

【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!
~ポイントポータルサイト げん玉~

★ネットでお買いものするならげん玉がお得★

たとえば…
1.げん玉内に掲載されているバナーからショッピングサイトにアクセス

2.ショッピングサイトでいつも通りお買い物♪

3.げん玉ポイント+ショッピングサイトのポイントがダブルで貯まる!

たったこれだけでげん玉ポイントが貯まる!!
貯めたポイントは現金webマネーに交換できてお得♪

お買い物がお得なショップの例
Yahoo!ショッピング、無印良品、nissen、ベルメゾンネット
DHC、FANCL、BOOK-OFF、TSUTAYA、イトーヨーカドーetc...

登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼

↑↑ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!!

※還元率はショップによって異なります。

-ポイントサイト, ANAマイレージ
-, , , , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】 , 2020 All Rights Reserved.