ana法人カードで、年間30万ANAマイルをほったらかしで貯める

目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】

ANA個人カード クレジットカード個人

お金で買えるANA上級会員のステータスanaプラチナカード

更新日:

マイル修業とか聞くけど、そんな面倒なことしなくても、

お金で買える、ana上級会員(プラチナ)のステータスってないのかな?

 

あと、ana プラチナ カードとか高い年会費のカードだと、マイルがたくさん貯まるのか、知りたい?

そんな疑問にお答えします。

 

ana プラチナ カードで、どのブランドに入ろうか迷っている人にお薦めの記事です。

 

この記事を書いている僕は、マイラー歴5年ほど。

現在は年間で30万マイルはほっといても貯まるので、年間70回以上飛行機に乗って、

ANA最上級ステータスのダイヤモンドステータスで空の旅を満喫しています。

 

目次

  • JCB ana プラチナ カードを持つべき3つの理由

理由1、ANAの上級会員でしか入れない。国内主要空港にあるANAラウンジの入室資格が得られる

理由2、年会費のもとがとれる、他のカードよりも有利にANAマイルが貯まるanaカード

理由3、その他、プライオリティパス無料など

  • デメリット
  • まとめ

JCB ana プラチナ カードを持つべき3つの理由

ana プラチナ カードでオススメなのは、JCB ANAプラチナプレミアムカードです。

 

 

 

JCBブランドの使い勝手の良いところも魅力ですが、以下の3つの理由から選択しました。

 

理由1、ANAの上級会員でしか入れない。国内主要空港にあるanaラウンジの入室資格が得られる

ANA プラチナ プレミアムカード会員は、ANAグループ便を利用する場合、

保安検査場通過したのち、

各国内主要空港(国内線ターミナル)内にあるANAのラウンジを使うことができます。

 

この入室資格を手に入れるために、ANA SFC(プラチナ)修業といって、

1年かけて用もないのに日本中飛び回っている修行僧という方が一説によると年間1万人弱いるそうです。

その修業・苦行をお金で買えるのだから、まさに、タイムイズマニーです。

 

念のため、言っておきますと、anaゴールドカード では、anaラウンジの利用資格はないです。

けっこう、勘違いする人が多いです。

ANAプレミアムカード プラチナ会員 SFCカード ダイヤモンド会員
ANAラウンジ
同行者 × 同行者1名 同行者1名 同行者1名
スイートラウンジ × × ×
同行者 × × × 同行者1名
※国内線プレミアムクラスに搭乗の場合は、ANAラウンジが使える
※国際線ファーストクラスに搭乗の場合は、国際線ANAスイートラウンジが使える
※国際線ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスに搭乗の場合は、国際線ANAラウンジが使える

※国内線・国際線ANAラウンジは、上記以外でも、有料で入室できます。

国内線利用料金:1回 3,100円

国際線事前申し込み利用料金:1回 4,000円

国際線当時申し込み利用料金:1回 6,000円

 

このデメリットは、ana プラチナ カード保有のご本人1名しか、ANAラウンジに入場できない点。

カップル、夫婦で動かれる方には、一緒に入れない、あるいは、もうパートナー分が、有料という点がひっかかります。

そんな方こそ、プラチナ会員、ダイヤモンド会員を目指しましょう。

ana法人カードで、速攻でダイヤモンド会員になる5つのステップ

 理由2、年会費のもとがとれる、他のカードよりも有利にANAマイルが貯まるanaカード

初年度のマイル還元率 が、約1.3%。2年目以降、最大で1.5%以上。

(ANA JCBカードプレミアムは、1,000円(税込)で通常Oki Dokiポイントと1ポイントとボーナスポイント1ポイントが獲得できます。

1,000円(税込)=Oki Dokiポイント(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント1ポイント)=13マイル)

 

〇ANAカードご入会時にボーナスマイルが、一年毎に継続マイルが貯まる。年間1万マイルです。

◆ご入会ボーナスマイル: 10,000マイル

◆ご継続ボーナスマイル: 10,000マイル

 

〇クレジットカード使用で貯まった1ポイントが、10マイルに交換できる

>Oki Dokiポイント1ポイント= 10マイル(移行手数料無料)

>毎月のご利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント付与となる通常獲得ポイント。

(以上、JCB公式HPより)

しかも

「マイル自動移行コース(マイルコース)」に一度登録すると、

あとは、忘れていても、毎月Oki Dokiポイントが自動的にanaマイルに移行されます。

これは、絶対に便利!

 

〇さらに「JCBスターメンバーズ」のメンバー特典など

要は、たくさん、カード決済をすればするほど、お得にマイルが貯まるシステムです。

300万円以上のご利用合計金額(税込)で、ランク適用中のボーナスポイントが25%UP、

100万円以上で20%UP、50万円以上で10%UP。

など。この「JCBスターメンバーズ」特典によるポイントアップで、最高1.5%以上になります。

 

 

タクシー代、交通定期、電気代・ガス代、新聞代、生命保険など。

あらゆる、カード払いが可能なものをコツコツ積み上げてクリアしましょう。

 

〇ANA便ご搭乗の度に、ボーナスマイル

>ANAグループ便のご搭乗の度に、通常のフライトマイルに加え、

>区間基本マイレージの区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%を積算いたします。

要は、飛べば飛ぶほど得するということです。

出張が多い人には、地味にメリットがあります。

ダイヤモンド会員・プラチナ会員を目指す人には、さらにメリット大。

 

マイルと、プレミアムポイントの違いが分からない人はこちらの記事が参考になります。

anaプレミアムポイントとanaマイルの違い?

理由3、その他、プライオリティ・パスが無料

 

〇その他、プライオリティ・パスが無料

ANA JCBカード プレミアムは、申込制ですが、プライオリティ・パスが無料でゲットできます。

世界140か国500都市1200か所以上のラウンジ・ネットワークを誇る空港提携ラウンジが利用できます。

混雑する空港ターミナルのけん騒から逃れ、フライト前のひとときを、ゆっくりくつろげまず。

 

まあ、細かいことは気にしないという方向けに、このブログは書いてお有りますが。

普通のクレジットカードについているようなサービスはもちろん、付加されています。

旅行保険【〈海外〉 最高1億円、〈国内〉 最高1億円)、国内航空傷害保険(最高5,000万円)、

国内・海外航空機遅延保険、コンシェルジュサービス、など。

 

 

あと、楽天EDYがついてきます。これが、また、ちまちまANAマイルを貯めるのに楽しいのです。

しかも、カードからEdyへチャージすると200円につき1マイルが自動的に積算されます。

Edy使っても、ana プラチナ カードからチャージしてもANAマイルが貯まるという、

二重取りできるところが不思議。

さらに、anaマイレージクラブモバイルプラスに加入すると、マイル獲得が3倍!

たくだん、電子マネーを使うヘビーユーザーには有利!!

ANAマイレージクラブモバイルプラス加入して、楽天EdyでANAマイルを3倍稼ぐ

 

JCB ana プラチナ カードのデメリット

デメリットは、ずばり、年会費がお高い。

年会費(税別)〈本会員〉 70,000円  〈家族会員〉 4,000円

となっています。

 

【ANAカードのブランド別年会費、プレミアムカード】

カード名 年会費
ANA JCBカード プレミアム 75,600円(税込)
ANA VISAプラチナプレミアムカード 86,400円(税込)
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 162,000円(税込)
ANAダイナース プレミアムカード 167,400円(税込)

 

 

継続マイルが年間1万マイル、1マイル2円換算すると、約2万円の価値があります。

だいたい、5万円でanaラウンジが自由に入れることをメリットと感じるかどうかでしょうか。

 

さらに、海外旅行・海外出張によく行く人には、プライオリティパスが年間約400ドル分無料というので、

ほぼ、ちゃらになりますね。これはお得。

海外空港での乗り継ぎは、けっこう4時間以上だったり長いですかね。

※カード作成の場合、先にこちらから、『マイ友プログラム』に登録すると、anaから特別のマイルプレゼントがもらえたりします。

情報が欲しい方は、下記twitteまでメッセージください!

https://twitter.com/keiri_nita

 

以下のリンクからJCBでカードの作成ができます。

ANAJCBカード

 

まとめ

お金で買える、ana上級会員のステータスは、残念ながらありませんが、

ana上級会員であるプラチナ会員の一番メリット、ANAラウンジ利用は、

JCB ANA プラチナプレミアムカードを持つことで可能となります。

 

また、1ポイントが10マイルに換算できたり、年会費のもとがとれる、他のカードよりも有利にANAマイルが貯まるカードです。

他にも、プライオリティ・パスが無料でもらえたりします。

デメリットは、年会費が7万円と高いこと。

(ANAのプレミアム・プラチナカードの中では、最安値!)

 

私が個人カードで稼ぐANAマイルは、だいたい平均すると月4,400マイル、年で52,000マイルです。

これに出張の飛行マイルが加わります。月に2回は飛びます。実績では、2017年99,430マイル、2016年70,490マイル。

平均すると85,000マイルです。

だいたい、年間14万マイル弱というペースです。

 

これ以外に、自身で代表を務める、法人JCBカード分のマイルを合算できますので、

そちらが、年間17万マイル。

合わせ技で、年間30万マイルをコンスタントに稼いでいます。

 

個人カードと、法人anaカードでの獲得マイルと、飛行マイルの総合計は、なんと年間30万マイル。

社長、自営業の方で、法人anaカードでも貯めたいという人向け、詳しい記事はこちら

ana法人カードでマイルを貯める方法【anaマイル活動レポート付】

ポイントサイトでも貯めたいという人向け、詳しい記事はこちら

法人でポイントサイトを使ってマイルが貯まるおすすめポイントサイト

 

本日は、この辺で。

 

-ANA個人カード, クレジットカード個人
-, , , , , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!【anaブログ】 , 2019 All Rights Reserved.