ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

ANAダイヤモンド会員

ANAプレミアムポイントとANAマイルの違い?

投稿日:

ANAの上級会員を目指すには、ANAマイルではなく、ANAプレミアムポイントを獲得する必要があります。現金の持ち出しをすくなく効率的にプレミアムポイントを貯める方法を解説します。

このブログでは、ダイヤモンド会員になって、スイートラウンジへの入室基準をクリアすることをひとつの目標にしています。

 

その為に、

まずは、ANAプレミアムカードをお勧めしています。

 

そのわけは、

マイル修業などせずに、いきなり、ANAラウンジを利用できるからです。

ANAラウンジには2種類あって、ダイヤモンド会員とビジネスクラス以上の乗客のみが利用できる「ANA SUITE LOUNGE」、プラチナメンバーも利用できる「ANA LOUNGE」があります。

まずは、「ANA LOUNGE」からです。

 

 

ただ、

ANAプレミアムカードを作ると、なんとなく、

カードでじゃんじゃん決済して、ポイント・マイルを貯めると、

飛行機に乗らなくても、

ANAの上級会員(ブロンズ→プラチナ→ダイヤモンド)になれるのではないのかな?

と勘違いしてしまいませんか?

 

なにを隠そう、ANA夫、私自身がそうでした(苦笑。

 

これは、まったく違います。

そもそも、ANAの上級会員になるためには、マイルではなく、

どれだけ飛行機に乗ったかという、

 

「ANAプレミアムポイント」

 

というポイントが基準となるからです。

 

いわゆるマイルとANAプレミアムポイントは全く別物です。

ですから、

上級会員になるためには、ひたすら飛ぶしかないのです。

 

ちなみに、

ブロンズ会員で3万プレミアムポイント、

プラチナ会員で5万プレミアムポイント、

ダイヤモンド会員で10万ポイントが必要となります。

 

 

しかも、

これは、1年間の通算です。あしかけ2年とかできません。

1月1日から12月31日までに達成すると、

翌年4月1日から3月31日までが、資格付与となります。

 

ということは、

プラチナ会員を維持するためには、

毎年毎年、5万プレミアムポイントを獲得し続ける必要があります。

これは、なかなか大変ですね。

 

 

そこで、

その救済策というわけではありませんが、

一度、プラチナ会員以上になると、

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカードの略)カードを作る権利が獲得できます。

 

これによって、

今までのANAカードから、

SFCカードにアップグレード?すると、

疑似的なプラチナ会員と同じ待遇が、

SFCカードの更新をしていくあいだは、維持できるというシナリオなのです。

 

この、

みんなが欲しがるSFCカードを作るために、

必要もないのに飛行機で飛びまくる人を指して、

「マイル修業」「マイル修行僧」と呼びます。

 

 

このブログでは、

忙しい社長のあなたに、

そんなくだらない活動をしてほしくないので、

まずは、ANAプレミアムカードを作って、お金で解決。

 

次に、

ANA法人JCBカードの決済によって、

ANAマイルを貯めて、

そのマイルを、ANAスカイコインに交換、

主に出張の航空券を株主優待価格で購入します。

 

 

そうすることで、じゃらんのパック旅行よりも確実に、

ANAプレミアムポイントが貯まるので、

好きなホテルに泊まって出張しながら、

ダイヤモンド会員を獲得できるという

黄金シナリオなのです。

-ANAダイヤモンド会員
-, , , , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.