ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

ANA株主優待券

ANA株主優待券を上手いこと使って、貯めたマイルで出張に行き経費を削減する!

更新日:

ANA優待券の使い方、①特典航空券では取れない人気路線でも、株主優待券なら購入②株主優待価格で購入したフライトは、飛ぶことで、マイルが貯まりプレミアムポイントも③急な出張の予定変更、キャンセルが自由自在④台風、地震など、トラブル時の欠航対策で、予め他の便を仮押さえできる

 

久しぶりに、タイガー社長から連絡がありました。

 

ライオン社長
「ANA夫さん言われた通りにやったら、3万マイル貯まったけど、

なかなか特典航空券が取れないんだよね。

これじゃ、出張なんて、とてもとても使えないよ。どうしたらいいの?

 

ANA夫
「いやいや、タイガー社長、マイルは、特典航空券なんかで、

使いませんよ。そうでなくてですね、マイルを、ANAスカイコインに1.6倍で変換して、

その交換したコインで、株主優待価格で購入したチケットの支払いに充当するのですよ」

 

ライオン社長
「なんか、ANAスカイコインって、知ってはいたけど、

何に使えるのかな?と思ってたんだよね。でも、俺は、ANAの株なんてもってないからな!

 

ANA夫
「もちろん、ANAの株主でなくても大丈夫です。詳しくはブログで説明しておきますね」

 

その内容がこちら

①          特典航空券では取れない人気路線でも、株主優待券なら購入できる。

②             株主優待価格で購入したフライトは、飛ぶことで、マイルが貯まりプレミアムポイントが貯まる

③             急な出張の予定変更、キャンセルや、空港での便の前倒しが自由自在

④             台風、地震など、トラブル時の欠航対策で、予め他の便を仮押さえできる

 

※既に使用済みのコードです。

①                             特典航空券では取れない人気路線でも、株主優待券なら購入できる。

 

出張の予定を組むのに、この日は、特典航空券が取れないから行けないな、

なんて、そんな悠長なこと言ってられませんよね。

羽田―千歳ですとか、一日何便も飛ぶ基幹路線は別にして、

ANA国内航空券を自由に取ることは、原則として難しいです。

 

そこでお薦めするのが、株主優待券です。これを使うと、いつでも、当日のチケットでも定価の50%オフになります。

株主優待券は、金券ショップや、ヤフオクで誰でも入手できます。

相場で値動きがありますが、おおよそ3400円から5300円くらいで私は入手しています。

買い方はいたって簡単、ネットや、携帯アプリから購入する際に、株主優待価格を選択するだけ、とりあえず、予約だけすることもOK。

 

②             株主優待価格で購入したフライトは、飛ぶことで、マイルが貯まりプレミアムポイントが貯まる

 

ここがミソなんですが、株主優待券の購入費用は、マイルを使います。

直接、マイルを購入に充当できないために、一度ANAマイルをANAスカイコインというものに変換します。

このときに、最低でも5万マイル以上で変換するようにします。

さらに、ANAプレミアムカードを持っている方の場合、変換の倍率が1.6倍になります。

(ANAプレミアムカードをお持ちでない方は、ANAモバイル会員に入会してください)

このANAスカイコインは、ANAのサイト上で、現金同等物として使えてしまいます。

 

 

なので、株主優待券で購入した航空券に、

ANA飛行マイル(フライトマイルと言っても良いですが、カードマイルで稼ぐと区別します)

が貯まり、さらに、ANAプレミアムポイントがしっかり加算されます。

この「しっかり」ということが重要で、

実は、じゃらんなどに代表される格安パック旅行の航空券ではほとんど、たまりません。

この辺は、また別の記事でご紹介しましょうね。

 

②                             急な出張の予定変更、キャンセルや、空港での便の前倒しが自由自裁

 

ANA株主優待券で購入したチケットの強みは、予定の変更が自由自在な点です。

急な出張の変更や、キャンセルあなたなら、どうしますか?

まあ、フライトまで時間があるから、空港でお土産でもゆっくり探すか、なんなら、すし屋で飲むかな?

はたまた、急な商談で、チケットの前倒し変更できない。

 

 

まあ、××円ならチケット買い直すか!といったこともあろうかと思います。

現に、私も千歳→羽田くらいの当日チケットなら仕方ないかとも購入したこともります

(でも、もちろん株主優待券で50%オフですよ)。

 

そんな時、株主優待券であれば、当日の前の便に、席さえ空いていれば、ネットからでも電話でも変更可能です。

 

忘れてならないpointは、予約するときと購入するとき、株主優待券はまだ必要ないということ。

株主優待券は、予め買い溜めしておいてもいいし、

空港のチェックインまでに入手していればよいのです(正確には保安検査場のスキップサービス直前)。

 

④             台風、地震など、トラブル時の欠航対策で、予め他の便を仮押さえできる

 

 

また、台風などの、欠航が心配な時、搭乗する可能性のある、

前後の日程の便を仮押さえすることも可能です。

これは、株主優待券だからこそできることで、株主優待券はキャンセルして430円(払い戻し手数料)ですが、

電話で、もともと持っている支払い済み予約と、仮押さえした未払の予約の、

支払いを付け替えてもらうことができます。そうすれば、

万が一、取り直した際に、席が確保できなかったりというリスクも回避できます。

 

あまりお勧めはしませんが、本当に切羽詰まった、

どの便が欠航になるか分からない状況では同日で3便ほど押さえます。

最悪、自分でキャンセルできなかったとしても15分まえに入金・予約確定しなければ自動解約となります。

 

私は、沖縄で一度、この方法で、乗った便が、ドアが閉まる直前に欠航となり、

窓口が大混乱していたところ、次の便を確保していたために、飛び乗れたという経験があります。

ですが、あまり乱発すると、本来乗りたい方にスムーズにお席を提供できなかったり、

空いている便が、定刻前に早く出発しようとするとき、妨げになる可能性がありますので、慎重な運用をお願いします。

 

念のため、ANA携帯アプリからの申し込み画面を、掲示します。

この下に隠れてますが、

株主優待割引を選択して、「確認画面」へ

予約確定後に、「購入手続き」へを選択。

お支払方法から「ANA SKYコイン」利用するを選び、金額を入力します。

お支払金額に、お手持ちのANA SKYコインが満たない場合は、クレジットカード払いとの併用も可能です。

 

 

本日は、この辺で。

 

追伸、能書きはいいし、どうせ経費だからお金は払う。

要は、株主優待価格でプレミアムポイントを貯めたいけど、という方は、さくらトラベルで、株主優待価格を選択、
株主優待券の手配・入力も、まとめて全て手配できます。
(ANAマイレージの後付けも可能。)

 

-ANA株主優待券
-, , , ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.