ほったらかしで、年間30万ANAマイルを貯める

目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員

銀行系カードローン

社長が、銀行系カードローンに申し込むとき、借入希望額は幾らにすれば良いのか?

更新日:

借入希望額を幾らにすればよいのか?

これは、なかなか難しい問題です。

私は、無茶苦茶悩みました、正直。

 

なぜか?

お恥ずかしい話をしますが、

だいぶ以前に、審査落ちをした経験があるからです。

 

正直、メール1本で、落ち込みましたよー。

大の大人が、しかも、仮にも会社ではトップ、社長さんですよ(苦笑。

後から思い当たる理由は、2つ。

最低金利にしたかったので、

借入希望額をマックスの1千万にしたこと。

もうひとつは、

舐めていて、ポイントサイトがたくさん欲しくて

3社同時に申し込んだことです。

おいおい、何が悪かったのか、説明していきますが、

まずは、もういちど、借入希望額の話です。

じつは、みなさんは消費者ローンの借入経験がなく、ご存じないかもしれませんが、

(私もありません)

総量規制というルールがあって、

借入額は、年収の3分の1までというものです。

それからいうと、

年収3千万になりますね(残念ながらそんなにありませんよ)。

ところが、

銀行系カードローンの特徴のひとつは、銀行業免許の特権で、総量規制の対象外。

だから、たくさん借りれる、たくさん貸せる?

でも、

一般論としても、いくらでも貸してよいわけはなく

(近年批判されていて、金融庁も目を付けています)、年収の半分が目安でないか?と言われ

ています。

 

だったら、

金利を低めで、審査落ちも、止む無し、という方はマックス。

普通に、そこそこの金利、金額で、手堅く審査を通したいという方は、

年収の半分、

もしくは3分の1を目安にしてみてはいかがでしょうか?

〇銀行と保証会社
1行しか借りない人には、あまり関係ないですが、

ポイントサイトで荒稼ぎしたいから、複数の銀行系カードローンを申込、

結果、与信限度額をそこそこ確保したいという方には、申し込む前に

しっておきたいことが二つあります。

ひとつは、保証会社、もうひとつは、審査ブラックです。

まず、保証会社について。

近年の銀行系カードローンの拡大の要因は、総量規制により消費者系カードローン会社より、

銀行が優遇されたという点がひとつ。

もうひとつは、銀行自体が、弱体化した消費者ローンを傘下に取り込み、

おもに、融資の際の肝である、借入希望者の与信とその保証業務を、銀行本体から切り離し、外注・業務委託している点にあります。

それによって、万が一の貸出の焦げ付きのリスクに無縁でどんどん貸して、収益化できるという仕組みなのです。

ところが、

一行から借りる人間にとって、関係なくても、

2行、3行と、複数の銀行系カードローンを作る人には、ちょっと、まずい事態なんです。

というのも、

銀行という看板は違っていても、裏側の保証会社が同一というケースがそこそこあります。

そうなると、A行で300万の限度額、B行でも300万欲しいな、と思って申し込んだら。

保証会社が同一で、申込額より大幅減額、最悪の場合は、秒殺で、審査落ちという事態になりかねません。

ではどうすればいいの?

その答えは、予め、申し込む前に、銀行の保証会社を調べておくということです。

実際のところ、保証会会社は、銀行の子会社というのを除くと、大手消費者ローンとオリックスぐらいなもので、何社もありません。

そして、保証会社を分散させて、そこから紐づいた銀行を選ぶというのが正解です。

さらに、

一番怖いのが、先ほどのキーワード、「審査ブラック」です。

自分で言うのもなんですが、私のように素性がよい(業界用語の属性が良い)新規見込み客でも、

一発で落ちるのが「審査ブラック」です。

これは、

いちどに、複数の消費者ローンに申し込むことです。

具体的には3社以上、人によっては2社以上でも、不可とのこと。

ですから、ポイントサイトで、欲に駆られて3社に消費者ローン、銀行ローンに申し込んでしまうと、もうアウトです。

私のことです(涙目)!

なぜ、分かるかというと、信用情報機関には、借入額だけでなく、

申し込んだ情報、契約した情報が、ほぼ、リアルタイムでわかるシステムが構築されているからです。

まあ、借りてないんだから大丈夫だろ、

同時に申し込めば、さすがに、お互い分からないだろ、

なんて甘い気持ち、軽い気持ちで、申し込んでしまった、あなたもう手遅れです。

 

冗談はさておき、

解消される方法は、半年待つ。

それしか、ないそうです。

こればっかりは、

私には経験がないので、分かりませんが、世の中の多くの、金融の関係者がいっているのと。

もうひとつは、さきほどの信用状機関の申込情報の保存期間が半年だからということです。

つまり、申込情報があるのに、契約情報がない、「審査落ち」と判断される情報が、2件ある、3件ある、

という「審査落ちブラック」の情報が半年でクリアになるから。

ところが、

半年以内、「審査落ちブラック」を繰り返すと、個々の消費者金融機関のデータベースに未来永劫その情報が保存され、

二度と、消費者ローンには、申し込めなくなるという。おそろしい都市伝説もありますので、決して、知らないでは済ませれません。

ついでに、私がなぜ、3社目まで落ちてしまったかというと、

盲点が、都銀の残高繰越サービスの申込。

これは、全然、消費者金融とか、借入申込なんて意識はなかったんです。

なぜなら、限度額も30万だったし、

ところが、わすれないうちに、2行のカードローンと、繰越貸越サービスで、

合わせ技で1っ本。3社への申込、審査落ちブラック、となった可能性大です。

で、結果どうだったか、というと。

実は、残高繰越サービス、落ちた後に、

この辺の情報を知らなかったので

もう一行、普通に、申し込んでしまったんですね(滝汗。

結果、

しつこく、何度か、お電話いただいて、今思えば、警戒心まるだしでしたが、

20年以上のお付き合いのおかげか、無事、審査が通りました。

ですので、

私は、一時的に審査落ちブラック、とはなりましたが、

今は、白、まあ、最低でも、白に近いグレーゾーンだと思います。

その辺の、こみいった話は、また、タイミングがあれば、紹介しましょうね。

-銀行系カードローン
-, ,

Copyright© 目指せANAスイートラウンジ!(ダイヤモンド会員 , 2018 All Rights Reserved.